toggle
2018.04.27

SMITH WOOLLENS”BLUE RIBAND”

SMITH WOOLLENS
1921年、ハーバート・スミスとクロード・グラハムによってロンドンのゴールデンスクエア(服地卸商が集まっていたことで有名な広場)で創設されたロンドンマーチャントです。
1930年代からは輸出にも力を入れ、クラシックでありながらソフトな質感の独特なテイストが世界的に支持されてきました。凛として知的な表情を持つ服地の数々は、今日もエグゼクティブ達を魅了し続けています。

BLUE RIBAND(100%WOOL310/330GMS)

選りすぐった直径約 18.5 ミクロンのメリノウールを70 番手双糸に紡ぎ、素晴らしい着心地と仕立て映えを生み出す絶妙なセッティング、ウェイトで織り上げられた”ブルーリバンド”。滑らかな質感も特徴の一つで、「欧州のニュースタンダード」と言われる高い完成度を誇るクオリティーです。


関連記事