toggle
2018.09.08

Special day costumes for Mr.A

今回初めて御来店いただきましたA様ですが、とても嬉しい事に披露宴での衣装をオーダーしに、はるばる青森県からお越しいただきました。

結婚式が終わった後も着れるものをということで、レンタルではなくオーダーを検討されたという事でした。結婚式ではレンタルされる方が圧倒的に多いとは思いますが、オーダーですと世界に1着の自分の体型、個性、趣向にあった衣装で人生最良の日に望むことができますし、その後も色々な機会でご着用できるかと思います。何年後かの結婚記念日のディナーで着ていただいてもロマンチックかと思います。これから式を挙げる方々にも、ぜひ選択肢の一つとして、ご検討していただけたらと思います。

生地は、まず第一に奥様のドレスが映える生地という事と、A様のイメージやお好みをお聞きして、数点ご提案させていただきましたが、こちらの生地でオーダーいただきました。

JACKET,WAISTCOAT :FERLA(ITA)

TROUSERS:CANONICO(ITA)”MOHAIR QUATTRO”

まずは上衣とベストの生地ですが、イタリアのFERLAの生地をお選びいただきました。こちらの生地は某ビッグメゾンブランドのお抱え生地ブランドでしたが、数年前からオーダー業界にも流通する様になりました。一見どれもクチュールの生地かと思うほど繊細で華やか、そして唯一無二の煌びやかな雰囲気の生地を多数ラインナップしている生地ブランドです。今回の様な華やかな席にはピッタリです。A様が選ばれたのは、リネン、ウール、コットン、ポリアミドの四者混のワッフル織の生地で、ほどよい立体感と、ネップが混ざり メッシュ状の涼しげな表情が特徴的な生地です。ボタンもシルバーのメタルボタンをお選びいただきデザインのポイントとさせていただきました。

また組下の生地は、上衣の生地感が引き立つ様に、モヘヤ混のシャリ感が強めの黒無地をお選びいただきました。モヘヤはウールに比べ柔軟性は落ちますが、繊維が硬くハリコシが強いので、シルエットがくっきり出ます。

A様は身長も高く、足も長いのですが、今現在も定期的にバスケをするそうで、特に腿とふくらはぎに筋肉がしっかりついています。なので、しなやかなウールの生地でこの様なスリムなラインのトラウザーズだと、腿とふくらはぎに凹凸がついてしまいますが、よりこういった生地ですと響きにくくなります。

お出来上がり時のfitting の際、とても気に入っていただけて、大切な日の大切なピースを当店でご協力できた事を、とても嬉しく、また光栄に思います。

また、式当日のコーディネートは、お母様お手製のボウタイをウイングカラーのシャツと合わせて、ご着用されるという事で実際に拝見したかったです。

盛岡にお越しの際は、ぜひ式当日のお話をしに、またご来店いただけると幸いでございます。

A様には、ぜひ素敵な奥様と素敵なご家庭を築いていただけたらと思います。

Congratulations on your wedding!

I wish you both happiness!!

 

 

 

 


K&M TAILOR
〒020-0827
岩手県盛岡市鉈屋町16-14
Tel/Fax:019-613-6700
12:00〜19:00
火曜日定休
関連記事